起業セミナー5回目参加レポート:起業は差別化を意識して集客しよう

札幌コワーキングスペースカフェSALOON

今回のテーマは「起業は差別化を意識して集客しよう」でした。

 

・早く差別化できるものを探して見つけて磨く

・得意分野に特化して専門性をつける

・NO.1の法則

みなさん真剣に考えていました!

ワークがちょっと難しめだったのですよね。

 

考えがいがあって、しっかり課題に向き合えたと思います。

 

そして、そもそも、自分の課題を考えるよりも

他の方がどんなことを考えているのか知ることができるということは大きいです。

セミナーの醍醐味はここです。

自分一人で考えていては、一人分の考えしか頭に入ってきません。

 

それをみなさん一人一人の課題をシェアしあえたら

それぞれの課題を考えることができます。

 

また、自分のことは見えないものですが

人のことだと、わかっちゃうものなのですよねー。

 

自分の課題と向き合いながら、他の方の課題へのアイディアを出し合

チーム的なセミナーになってきました。

 

いい感じです(*^^*)

札幌コワーキングスペースカフェSALOON

 

 

差別化ってなんだろう?

 

差別化とは

競合他社に対して自社のポジションを確立するために意味のある違いを打ち出す活動のことをいう。
コトバンクより)

 

なるほど。

個人間では使わない言葉なんですね。

 

差別化の例として「ユニクロ」と「ニトリ」

起業セミナーの中では差別化の例として

「ユニクロ」と「ニトリ」が紹介されていました。

 

■ユニクロ

メンズの服の安さから差別化をされたということですが、私にとってユニクロは北海道の冬には欠かせない「ダウンジャケット」を買わせてもらう大事なお店です。

あの価格帯でダウンを買えるっていうことが、驚きでした。フリースも必需品でしたね。夏キャンプには、絶対もっていってました。

他のアウトドアショップでは、数万円するようなものも、ユニクロだとワンシーズンのつもりで買えちゃいます。

 

私個人としては、「ダウンジャケット」「フリース」の値段の安さからユニクロに飛びついた記憶があります。

 

■ニトリ

言わずと知れた北海道を代表する大手企業です。

15年ほど前、千葉に住んでいたことがあるのですが、当時、関東で私が出会った家具屋さんは重厚感あふれる、嫁入り道具か?と思えるものばかりで全然買い物ができませんでした。今思えば、あの家具屋さんは、大塚家具だったのだと思います。

本当に、ニトリが恋しかったものです。

それから数年して、千葉にニトリがやってきました。

なつかしの地元企業で安心感でいっぱいになりました。そして、千葉に住む友人たちがみな、ニトリで買い物をし始めました。カラーボックスを買うにも、クッションを買うにも、椅子を買うにも、机を買うにもです。

セミナーを受けながら、「だから、あんな風に人気が出たのだ」と納得しかりでした。

それまで、千葉にはニトリのようなカジュアルで、安くて、使い勝手がよくて手軽に買える家具というものがなかったからです。

 

その後、IKEAもできて、私も好きでよく通いました。

安いですが北欧のオシャレな感じがとても素敵なんですよね。ファブリック、キッチン雑貨などはよく買っていました。ただ家具ということになると、安くても大きすぎたりして、使いにくいものも多かったです。

日本人の住む、そう大きくない家にぴったりとあうサイズのものは、やっぱりニトリだと思っていました。

 

上記二つの例は身近な企業だけに、とても理解しやすかったです。

 

 

起業では誰よりも早く1番になる!その方法が差別化

 

差別化なんて言われても正直、まだ、事業展開も考え始めたばかりなのに、どうしたらいいんだろう・・・

と頭を抱えてしまう私がいます。

 

そんな迷っている暇はありません。

早いこと1番になることを狙わなくては、その業界での勝負すらできないとセミナーは進みます。

 

そんな一番だなんて、どうしたらいんだろう・・・

 

その答えが、差別化していくこと!

 

起業して一番になるために、自分の強みになりうるカテゴリーを早く見極め、そこで勝負。

こで一番になれることを考える。

 

というわけで、また私含め

みなさんここで頭を抱え込むことになるのですが(笑)

 

とても、有意義な時間となりました。

札幌コワーキングスペースカフェSALOON

 

コアラがユーカリだけを食べるように。

 

ユーカリには毒があるので、コアラしか食べられません。

他の動物たちと競合しないことを選んだコアラは、毒のあるユーカリの葉を食べ、その毒を分解するために、ほぼ寝て暮らします。

 

考えてみれば、毒のあるものを食べるなんて、すごい選択ですよね。

命がけで、差別化しています。

生きるために。

 

■コアラに負けてちゃだめです。

 

今の私は、毒を食べるほど、がんばっているでしょうか。

 

否。

 

どやって差別化したらいんだろうって、ちょっと頭を抱えているぐらいです。

 

どんなに頑張ったとしても、私のがんばりなんて、毒を食べるほどのものじゃありません。

命を落とす心配も、泡を吹いて苦しむこともありません。

 

ユーカリを食べるぐらいの気持ちで、差別化を!

がんばってみます。

 

 

⑥札幌起業セミナー6回目参加レポート:起業は仕組みを作り外注を効果的に活用し集客し成長しよう
https://saloon-sapporo.net/event-report/12254/