占いとは?占いの種類と占い師の選び方 【SALOON札幌お仕事紹介占い師編】

札幌で占いの種類と占い師の選び方

占いとは?占いの種類と占い師の選び方について

占いって、いったい何?

「占い」って聞くと、どんな風に思いますか?

なんか、うさんくさいですか?

信じられないですか?

騙されそうですか?

 

何の根拠もない占いになんて、興味がないという人もいれば、大好きだと言ってくれる方もいらっしゃいます。

それぐらい、振れ幅の大きいものが占いです。

占いとは

俗信のうち、予兆を判断する技術。自然現象や生理現象を判断するものと、人為的に何かの現象をつくりだし、それを判断した結果に基づいて、別の何かを予知しようとするものとがある。知ろうとする事柄は、物事の真実、神霊の意志、未来のできごとなどで、その方法はきわめて種類が多い。占いは俗信上の行為であるから、洋の東西、文化程度の高低にかかわらず存在するものであるが、原始的な社会では、より多く政治に結び付き、その結果に対する信頼も強い。文化的な社会では、趣味的にとらえられて遊びの要素が強まってくる。 【日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より引用】

 

やはり現代では、趣味的にとらえられていることが多いですね。

占いとの付き合い方として、実際占いをしている占星術師の私としても、占いはエンターティメントとして、楽しむもの。

そう考えてつきあっていただけるといいのかなと思っています。

そんな風に思ってつきあったのだとしても、十分有益に使えるツールであるのは間違いないからです。

なのでまずは、軽い気持ちで。

人生の道しるべの選択肢の一つとして、上手に利用していただくのが一番だと考えています。

 

札幌で占いの種類と占い師の選び方

占いの種類は3種類

占いに種類があることは、ご存知ですか?

命(めい)術、卜(ぼく)術、相(そう)術の3種類に分けることができます。

 

命術

生年月日、時間から、求められるデーターにより、持って生まれた運命や宿命を読み解く占いです。「命」とは、運命や宿命の「命」。

・西洋占星術・インド占星術・宿曜占星術・四柱推命・算命学・紫微斗数・数秘術etc.

 

私が扱う西洋占星術も「命」と呼ばれる占いです。生まれた日・時間・その場所にどんな星が輝いていたか。そこを切り取って、ホロスコープというものを出して、その人がどんな特性を持って生まれたのかを読み解いていきます。

他の命術も同じで、誕生日から、その人の強さや、得意なこと苦手なことなどを丁寧に読んでいきます。これで、生きる方向性や悩みについてもどう捉えたらいいのかということが見えてきます。自分がどんな人間なのか、生きていく上でここがわかっていると、何事にも対処しやすくなります。

 

卜(ぼく)術

カードや、サイコロ・コインなどの道具を使って、偶然に現れた象徴から物事の吉凶を占うものです。

・タロットカード・オラクルカード・トランプ・おみくじ・易・花びら占い・ビブリオマンシーetc.

 

そのときそのときの、運の流れを読み解くものなので、今現在のこと、そのときどういう行動をすべきなのかなど、実際に動いている事柄によって変わりゆくものを見ていく占術です。選択や決断するときに、お告げのように受け取ることが多い占術です。

 

相(そう)術

人相や手相などの形あるもの、顔や手の形、足の大きさ、家の間取りや名前などから、その人の吉凶や、生まれ持った運命などをみていく占いです。

・手相・人相・姓名判断・家相・風水・印相

 

形をもとに占うものなので、家を建て直したり、家具の配置を変えたりするだけで、運勢が変わってくるとされています。人相でも、髪型やメイクで運気を変えていけます。手相でも、例えば指や手のひらにケガをするなどすることで、運が変わると考えられます。

 

占いと占い師の選び方

まざまな占い方法があるということがわかっていただけたと思うのですが、では、どんな占いを選ぶといいのか。

ここ、大事ですね。

たとえばですが

個人的に私はどう考えているのかということで、お話しさせていただくと。

 

①命術を使って、自分が本来持っている気質や、運勢の流れを知る。

これが一番大切だと思っています。

熱さに強い人も、寒いのが得意な人も、人それぞれだからです。

自分の強いや、得意なことをまず知ること。その上で、弱点をどう補強していくのか考えていく。

 

②それを知った上で、じゃあ、今はどんなタイミングが来ていて、どう動くのがベストなのか。

そういうところを、卜術で決断していく。

こんな流れがいいですねー。

 

③そこで、こんな運気ちょっと、いやだ!と思った時には、相術で、運勢を変えていくとう方向で検討してみる。

人生の中で勝負をしなくてはいけないときってありますよね。そんな時は、相術を使って、自ら自分を奮い立たせていく。

そういう後押しも有効ではないかと考えます。芸能人が姓名判断で名前を変えるときなんて、まさにそういう気持ちの表れなのでしょうね。

 

でも、ほんとのほんとうは!!

自分に合う占い師さんを見つけるということ。好きな占い師さんに出会うということ。

ホームドクターのように、自分にぴったりの占い師さんを見つけると、信頼関係も結べますし、長いスパンで、未来を思い描く人生設計だってできます。

 

要は、占いだって人間関係です。

相性のいい占い師さんを見つけて、よりよい未来を一緒に歩けるように。そんな前向きな戦略をいっしょに立てていくのが面白いのではないでしょうか。

私は、そういう風に占いとつきあっていくのがしあわせに続く近道なのだと思っています。

どうぞ占いを思う存分楽しんで、いい結果を掴みとってください。

 

札幌で占いの種類と占い師の選び方

占いが気になる!そう思ったあなたは、きっと今が転機

人生の転機には必ず〇〇がいる

この〇〇には何がはいるでしょうか?

 

うちの中3男子がこんな言葉を教えてくれました。

「人生の転機には必ず友がいる。」 『友達が一番大切な時期を、キミは今歩いているんだね。』

彼の成長をちょっと誇らしく思いながらも、人生の転機が訪れる年齢や、その時大切にしているものによって、「必ずいてくれる〇〇」は、違うのかもしれない・・・・・・・。

友が何より1番だった時期を少しセンチメタンルな気持ちになりながら、懐かしく思い出しました。

 

すっかり大人になってしまった私たちの転機に寄り添ってくれるものは、なんなのでしょうか。

人によって、さまざまかもしれません・・・・・・

 

占いが気になったとき~占い師からあなたに

西洋占星術師として活動している私ですが、先日、ワークショップに男性の方が来て下さったんです。

占いのワークショップに来てくれる方って、女性が多いので「何を思って来てくれたのかしら?」私の中に小さな疑問が浮かびました。

みなさんでお話しをしていくうちに、その方は、仕事において、今転機にあるのだと教えくれました。

自分の道を、これからどうしていこうか。ちょうど模索しているときだと。 

 

大人になるにしたがって、何でも話せた友人が、少し遠くなる時もあります。

友人だからってなんでも話せるわけでもありません。

当たり前の、社会的常識の中にいるばかりじゃ、いつまでたっても、答えにたどりつけないときもあります。

 

そんなとき。

選択肢の一つに、占いというものがあっても、いいのではないでしょうか。

 

クライアントさんに、まっすぐ、光をあてられる占い師さんも世の中にはたくさんいます。

ツボ売りつけようとする人ばっかりじゃないです。

きちんと占いというものを学び、たくさんの人生経験した占い師は、客観的に、道に迷うあなたの話に寄り添いながら、あなたの中の答えを導き出すことだってできます。

実際、私が知っている占い師の方は、そういう方ばかりです。

 

占い師から最後に

占いが気になったとき。

そのとき、あなたは転機の真っただ中にいるはずです。

そこを自覚しながら、まっすぐ前を見て進んでいただきたいと思います。

私は、そんなあなたの背中をそっと、あと押しできる占い師でありたいと思っています。

人生の転機に出会うメンターとして、占い師の言葉に耳を傾けることは、そう、おかしなことでもないのだと思います。

私はそう信じて、占いというものを扱っています。

 

SALOON札幌では、占いを絡めた読書会など、占いを題材にしたワークショップも随時開催中です。

どれも気軽に遊びにきていただける会なので、興味のある方は、遊びにいらしてください。

お待ちしています(*^^*)

この記事を書いたのは

SALOON札幌スタッフemico  https://saloon-sapporo.net/saloonmembers/7295/

本業は占星術師        https://www.facebook.com/hoshinomahoubu/