シェアオフィスのようなコワーキングスペースとは?

札幌コワーキングスペースカフェSALOON

独立して働く個人が

机・椅子・ネットワーク設備などの実務環境を共有しながら仕事を行う場所です。

月極や時間制で借りる形式のものが多いが、利用者同士の積極的な交流や共働といったコミュニティ形成を促すという点において、従来のレンタルオフィスとは異なると言われています。

Wikipediaウイキペディアによると、

2007年に行われた調査で、多くの非雇用者が在宅勤務を行うことによって孤独を感じたり、対人交流がなくなってしまうことに不安を感じていることが分かった。

また、およそ3分の1から半数の民間・行政労働者は、自宅での仕事を望んでいないと回答した。

コワーキングスペースは、多くのフリーランスの人々が在宅勤務において直面する孤立感という問題を解決すると同時に、家庭で働くことによる集中力低下となる材料を回避することもできる。

と記載されてます。

我々の「札幌コワーキングスペース SALOON」は上記の説明のようなスペースになります。
上の画像は私どものロゴです。意味としては、卵が集まって巣をつくるという意味が込められています。 
卵のような起業家や個人事業主が集まって、巣のスペースで情報交換やコミュニティを形成していきながら、最終的にはそれぞれが巣立っていけるようにということを表しています。ぜひご興味ある方は一度見学にいらしてください。お待ちしております。