身近なIT伝道師 & 本の読み書きアドバイザー 千葉 直樹(ちば なおき)

札幌コワーキングスペースカフェSALOON

身近なIT伝道師 & 本の読み書きアドバイザー 千葉 直樹(ちば なおき)の紹介ページ

屋号/会社名 読書と編集 千葉 直樹 (ちば なおき)
役職 個人事業主

Facebook  nchiba

Twitter @nchiba

instagram nchiba

 

どんなお仕事をしていますか?

パソコン?スマホ?タブレット?インターネット?と、???がいっぱいの方を応援する身近なIT伝道師と、著者になりたい人に著者になってもらう仕事をしています。

コンピュータを使い始めてから40年弱。そのうち30年はソフトウエア技術者としてメーカー系のソフトウエア企業に勤務していました。

50歳を期に定年退職し、「読書と編集」を屋号に開業しました。

「読書と編集」というのは、読書はアウトプットと合わせて完成するという信念からつけた名前です。いうまでもなく本好きで、常に積読が30冊くらいあるという収集心と学習欲の持ち主です。

本好きか高じて本を作りたいと思いはじめ、手軽な電子書籍(AmazonのKindle)出版をお手伝いすることを考え始めました。

Kindleでの出版はそれほど難しくありませんが、IT知識は必須です。本を書いてみたいけどITが苦手という方にはまず作業環境を整えるところからお教えします。原稿の校正や校閲、表紙やイラストの作成も承ります。

また、本を書くつもりはないけれど、ITを使いこなしたいという方にもアドバイスをすることができます。今風のデバイス選びや使い方をお教えします。

お仕事のご依頼

 

〇〇のことなら私に聞いてください!

  • コンピュータの歴史や基本的な知識について
  • 最新のIT事情について
  • IT機器の選び方
  • Kindle Direct Publishing
  • 著者になるにはどうしたらいいか
  • 北海道のこと(地理・歴史)
  • ねこのきーちゃんのこと

 

サルーンを知ったきっかけ、入会の決め手は?

レギュラーメンバーの井田さんの読書会に参加したことがきっかけでサルーンを知りました。

長年サラリーマンをやっていたので、家で仕事をしようとするとだらけてしまうという問題点を感じていました。

それで、とりあえず出勤する場所を作ろうというのが動機です。

サルーンには面白い方々が集っているのも決め手になりました。話し始めると止まらないので自制しているほどです(^^;

僕にとってはとっておきの秘密基地です。