4/19開催:さっぽろ石碑探索部 ~定山渓鉄道に対する熱い想い編 久保ヒデキ氏を迎えて~

札幌コワーキングスペースカフェSALOON

▼さっぽろ石碑探索部 ~定山渓鉄道に対する熱い想い編 久保ヒデキ氏を迎えて~

▼テーマ

4月の「第4回さっぽろ石碑探索部」は、初のコラボ企画といたしまして、先般「定山渓鉄道」を上梓いたしました著者の久保ヒデキ氏をお迎えし、「定山渓鉄道」の出版に当たってのお話を中心に、著者の定鉄に対する熱い想いをお話ししていただきます。

なお、当日は著書の販売も予定しておりますので、購入をご希望される方は、「著書購入希望」とメッセージ又はコメントでお願いいたします。価格は2,800円プラス消費税の計3,024円となりますが、ご購入に当たってはお釣りのないようにご用意をお願いいたします。(会費とは別になります。)

多くの方にご参加できるよう、立ち見となる場合もございますので、ご了承願います。

▼参加費用
1500円

▼定員
10名 ※定員になりしだい締切りとさせていただきます。

▼申込み方法
事前に参加表明をいただくか、メールにてご連絡をお願いします。

▼その他
飲み物食べ物等の持ち込み大歓迎。

▼開催日時
2018年4月19日(木)
19:00〜20:30(受付 18:30~)

▼開催場所
札幌コワーキングスペースカフェSALOON
札幌市中央区南1西9札幌19Lビル6F

▼「さっぽろ石碑探索部」とは
月に1回SALOON(サルーン)において、札幌の各地に残されて大切に保存されている明治初期からの開拓の記録を刻んだ石碑などについて、情報を共有し意見交換をする活動です。

 

▼こんな方におすすめしています

✔ 各地に残された石碑の意味を探りたい方

✔ 石碑に記された人物の功績を学びたい方

✔ 石碑に刻まれた碑文を読み取りたい方

✔ 石碑建立時の時代背景を探りたい方

✔ テーマに沿って関連する石碑をたどりたい方

など、普段触れることのない石碑にスポットを当てて、その歴史を掘り下げてみませんか?

札幌の石碑を中心に、旧跡、神社、仏閣、戦跡などのほか、失われた建築、交通、産業、町名など、150年を迎える札幌の歴史に興味がある方、話を聞いてみたい方、話題を提供したい方、ただ参加してみたいだけの方、部長と話をしてみたい方、どなたでも気軽に参加をお待ちしています。

 

▼部長プロフィール

HP「歴史のあしあと札幌の碑」運営管理人、「さっぽろ石碑探索部」主宰の川島です。

地味な石碑に興味を持つだけに、そんなに若くはないけれど、墓石に興味を持つほどではない年ごろのサラリーマンです。石碑の存在に触れてから、かれこれ10年。

車で走っていても道端にあるものが気にかかり、石碑を見つけて急いで後戻りしてみるとゴミ箱だったということも一度や二度じゃありません。石碑の存在を知るだけではなく、そこに何が刻まれているのかを未来に残していこうと思いつき、5年前からフェイスブックやホームページで石碑を中心にした札幌の旧跡を紹介しています。
フェイスブック
https://www.facebook.com/rekishinoashiato/

「歴史のあしあと 札幌の碑」運営
https://nyh3boys.theblog.me/

 

▼直近の活動経歴

☑あるた出版発行「O.tone」オトンVol.103特集2「知的散歩のすすめ」の掲載記事への協力

☑平成30年1月11日北海道新聞朝刊に「さっぽろ石碑探索部」の活動記事の掲載

☑平成30年1月11日HBCラジオ「朝刊さくらい」で上記新聞記事の紹介

☑中央区フリーマガジン発行「まちのモト」No.20の掲載記事への協力など