新春俳句バトル!チームで楽しむ2020年俳句はじめ

さっぽろ俳句倶楽部

令和が幕を開け2年目、オリンピックもやってくる2020年。SALOONの「俳句イベント」一発目は「新春俳句バトル」を開催します!

 

「バトルなんて…」と尻込みしなくて大丈夫。

チーム戦(3対3or4対4)で、ゲーム感覚で俳句を楽しむ時間です。

仲間の力を借りて、その場で推敲して対戦句を出してOKですから、俳句歴が浅い方(参加資格は俳歴1年以上)も奮ってご参加ください。

好きな本を紹介し、本の魅力を深堀りする「ビブリオバトル」が人気ですが、「俳句バトル」も基本精神は同じ。

ご自身とチームの仲間の1句の良さを伝え、相手チームからの質問をもらって答えていくことで「鑑賞」を深めていくことを目指します。

審査は俳人・瀬戸優理子、SALOON店長・徳永えみこ、観客のオーディエンスで決めていきます。

全出句中の最優秀句には、豪華賞品(?)提供予定。

 

詳細

【日時】 1月19日(日) 13時~14時30分

【場所】 コワーキングSaloon札幌
詳しい場所はコチラ→https://saloon-sapporo.net/access/

【参加料金】1600円(会場費込み・お菓子&お茶付)
※学生(高校生・大学生)は800円

【定員】バトル参加者8名程度(俳句歴1年以上)、観覧(俳句歴不問、4~5名程度)
【持ち物&特記事項】筆記用具、あれば歳時記。

【お申込み方法】こちらのフェイスブックイベントの「参加予定」ボタンを押していただき、コメント欄かDMにて「バトル参加」「観覧希望」のどちらかを明記して下さい。

お問合せ先→https://saloon-sapporo.net/info/

 

進行スケジュール

★参加者は、お題「子」「雪」の字を詠み込んだ句を1句ずつ、ご用意して来場して下さい。

13時 Saloon集合
チーム分け発表、チームごとに作戦タイム

13時15分頃~ 第1試合「子」開始

13時45分頃~ 第2試合に向けた作戦タイム

14時00分 第2試合「雪」開始

14時30分  最優秀句発表・終了

※バトル進行方法
赤白に分かれ対戦します。各チーム一句ずつ披露し、それぞれ制限時間内に質疑応答を行います。両方の句に対して議論終了後、審査員の挙手にて判定を行い勝敗を決めます。判定は俳句の「作品点」と「鑑賞点」を加味したもの。同点の場合は、主審の瀬戸優理子が最終判定を行います。

【参加特典】
希望者は「さっぽろ俳句倶楽部」のFBグループページへご招待致します。いち早く講座や句会開催のご案内をお知らせするほか、通信(メール)句会も開催。部員には道外在住の方もいて、バラエティ豊かな作風に触れながら俳句の腕を磨くことができます。

 

講師・審査員プロフィール

さっぽろ俳句倶楽部部長
俳人
瀬戸優理子

2018年春より、SALOON札幌にて「はじめてさんの俳句講座」を開催。季節の詩、自分を表現する短い詩としての「俳句」の書き方、読み方をやさしく伝授。春夏秋冬を一巡したのを機に、「さっぽろ俳句倶楽部」を立ち上げる。共に俳句を学び、感性と日本語力を磨き合う仲間を募集中。(1回でも活動に参加すれば「部員」を名乗ってOK♪)句歴20年以上。
2015年に第33回現代俳句新人賞を北海道から21年ぶりに受賞。2017年に第一句集『告白』を上梓。同書にて第32回北海道新聞俳句賞佳作。現代俳句協会会員。「ペガサス」同人。句集『告白』はSaloonの本棚にも置いてありますのでよろしければお手に取ってご覧ください。

SALOON札幌とは

多種多様な業種の方と交流をすることができ、一人でこもって仕事をしがちになるフリーランスやこれからチャレンジしたい個人が、情報交換やスキルアップする機会を持つ場所です。

イベントやセミナーはどなたでも参加していただけますので、
ぜひ一度、いえ何度でも、お気軽にいらしてください。
SALOONの居心地のよさを感じていただけると大変うれしく思います。